est



Total Tuning



 トータルチューニング。それはTRDのシェフが丹精込めたフルコース料理のこと。
 もちろんエアロパーツ、サスペンションといったアイテム毎の単品料理でも美味しく食べて頂く自信はあるが、全てを組み合わせた際のフルコース料理は、単純な足し算ではなくよりレベルの高い次元だということを味わっていただきたい。 クルマの基本性能開発は機械や数値を使ったいわゆる「解析」と呼ばれる開発手法を用いる。その次の段階として「乗り味」の造りこみがある。メインは評価ドライバー、しかもその車に精通した「一人のドライバー」による官能評価によるチューニングに重きを置いている。
  なぜ正確な数値よりも人間の感覚を重んじるのか。
  それは解析結果には表れないほんのわずかな違いを感じてしまうほど人間の五感は繊細と考えているから。人間が車を運転する以上、その「繊細な感覚」、一方で「機械に劣る鈍さ」に対応し追従していきたい。デジタルがはじき出した正論を、人間の感覚に補正する。これは同じ人間のフィードバック以外になし得ない。
est

Aero Dynamics Control


今回のコンセプトは「Graceful Carriage」。
いかに低い速度から空力効果を出すか、快適、楽しいなどの「乗って楽しい」はもちろん、グレイスフル、優雅などの「見て楽しい」性能を持たせるか、突き詰めたうえでのコンセプト。
これを「解析と官能」に基づきデザインした。
その結果、エアロパーツは高速道路でもふらつかない直進安定性の向上と風切音の減少をもたらした。
具体的には、フロントスポイラーに当たる空気を上下左右にきっちりと分断する、結果、下面の空気の流れを上面より速めるとともに、前方から車両側面に抵抗なく空気を流し整える。
リヤバンパーガーニッシュではパーツとボディとの間に空気が入り込み抵抗となってしまうのを防ぐため、車両下部に隙間を作らないデザインとした。
それは抵抗を減らすだけではなく、フロントスポイラーで引き入れた空気を気持ちよく後方に排出する効果もある。
空気はクルマが走るためには文字通り絶対について回るもの。
この空気を操り、前後のバランスを取ること、さらにはそれを見た目の上でも前後のバランスをデザインできるのが、TRD が誇るトータルチューニングである。


Design


「Integrate Design」を造形テーマに、 ボディラインとの一体感を重視。


・フロントビューは“ヘッドライト&グリル” を繋げ、“V 字グラフィック”を強調。
 アンダーエリア( スポイラー) にはV 字を受ける“ハの字グラフィック” を設けることで、迫力と一体感を表現。



・リヤビューもフロント同様に、リヤトランクスポイラーに“V 字グラフィック”、リヤ版バーガーニッシュとリヤサイドスポイラーで構成されるアンダーエリアには“ハの字グラフィック”を設け、前後で関連性を持たせたグラフィックとした。
 また、それぞれの変曲点はトライアングルラインに合わせることでさらなる迫力と一体感を表現。



・サイドビューは、水平基調のボディラインに合わせ 一体感を表現。
 フロントスポイラーは、ドアサイドのキックアップした ラインと繋がるデザインにし、躍動感を表現。