NEXT FUTURE 1
“KEY WORD”


ずっと純正車両を開発してきた。これが原点。我々の強みの一つでもある「純正開発」を手掛けてきた結果、ライバルとなる欧州スポーツモデルの更なるスペシャルモデルに対抗し、我々も純正の味に更なる深みを付与したいと思った。

純正という素材の味を変えることなく、旨味を追求する。

そのためには、初代IS F CCS Partsでは主に空気力学に着目した。
この空気力学を味方にしたCCS Partsは走行性能向上と乗り心地の向上という、相反する性能確保に成功している。
それは購入いただいたオーナー様のみならず、試乗という短い時間でもお客様が「体感できた」という評価をいただいており、それが何よりもの証拠である。

我々は次世代に向けて、まず3年前の振り返りから実施した。
目的は、「残すべき要素」と「発展させる要素」「新たに付与する要素」この3つを開発チームで共有するところから始まった。
また、純正の徹底的な解析や、準レーシングカーのCCS-Rとの比較。
テストドライバーから、普段サーキットを走らないドライバーまで。
開発チームに属するメンバーそれぞれの感性で、造りたいクルマについて熱く議論を重ね合わせていく。

机上ではなかなか決まらなかったキーワードは、実際にクルマに乗るとすぐに見つかった。


「もっと踏みたい、もっと踏める、もっと乗りたい」


明確な言葉がないとチーム個々で捉え方が変わってしまう。
より明確な言葉を探すため我々は様々な道を走り尽くす。

サーキットとは違い、一般道は様々な外乱に溢れている。
荒れた路面といっても、一言では言い尽くせないほど様々だ。
長年整備されていない山道や、雪で弱った道など。また、重量トラックのよく通る道では深いわだちができている場合もある。
硬いサスペンションでは荒れた山道、特にコーナリング中に激しい凹凸があった場合にタイヤは路面から離れ、宙に浮く。そのグリップを失った「瞬間」に多くのドライバーは恐怖を抱き、気持ち良い走りをすることは難しくなる。

高速道路でも、長い橋の上では急激な突風に見舞われ、トラックの横を追い抜く際には激しい空気の乱れにより車両姿勢も大きく崩れる。
「瞬間」咄嗟にハンドルを握る手に力が込められる。

 

我々は素直に「もっと踏みたい、もっと踏める、もっと乗りたい」というキーワードにたどり着いた。
アクセルを踏み込めない「瞬間」を可能な限り排除する。

目指したのはしなやかによく動くサスペンション、速度に乗じて安定していくボディバランス。例えるならば、事も無げに「こぶ」を乗り越えていくモーグル選手のような動き。俊敏、軽やかだが危なげのない、しっかりとした重厚な動き。相反するこの動きを理想とし、我々は究極の公道仕様、”Circuit Club Sport Parts”を造りこむ。
とはいえ、最後にひとつだけ付け加えさせていただきたいのは

「我々がサーキットを走れないクルマを造るわけはない」

すべては、日常からサーキットまでを気持ちよく。





TRD LEXUS

EXTERIOR PARTS - LC
Circuit Club Sport Parts- RC F | IS F
F SPORT PARTS - RC | LS | GS | IS | RX | NX | CT
What's TRD | WORKS TUNING | INSIDE STORY
NEXT FUTURE 1 “KEY WORD” | NEXT FUTURE 2 “対話” | NEXT FUTURE 3 “Answer” | NEXT FUTURE 4 “風を操る”


Copyright(c) TOYOTA TECHNOCRAFT All Rights Reserved.