TRDロゴ
NEWS RELEASE

2017年4月14日


「TRD x NUTAHARA x TEIN PRO SPEC DAMPER」装着車両
全日本ラリー選手権 第2戦「ツール・ド・九州2017唐津」
実戦投入初戦でJN-4クラス3位入賞


  


 4月7日(金)~9日(日)、桜満開のなか佐賀県唐津市を舞台に開催された全日本ラリー選手権「唐津」において、トヨタテクノクラフト(株)とラリードライバー奴田原文雄選手が共同開発を行った「TRDxNUTAHARA x TEIN PRO SPEC DAMPER」を装着した車両が、JN-4クラス3位入賞を果たしました。
 3位入賞したのは、Sammy☆K-One☆ルブロスYH86を駆る山本悠太/藤田めぐみ組。本サスペンションは、本戦が初めての実戦投入ながら、SS11ではクラスベストタイムを記録するなど、十分なポテンシャルを秘めていることが確認された。
 次回の参戦は、4月28日(金)~30日(日)、愛媛県で開催される全日本ラリー選手権 第3戦「久万高原ラリー」。
唐津同様にターマックで開催されるラリーとなるため、さらなる活躍を期待したい。

大 会 名

全日本ラリー選手権 第2戦 「ツール・ド・九州2017 in 唐津」
公式URL: http://ww21.tiki.ne.jp/~gravel-msc/

開 催 日

2017年4月7日(金)~9日(日)

参 戦 車 両

Sammy☆K-One☆ルブロスYH86 (JN-4クラス、トヨタ86)

ドライバー/コ・ドライバー

山本悠太/藤田めぐみ

走 行 路 面

オールターマック(Day1:ウェット、Day2:ハーフウェット~ドライ)

装着サスペンション

TRD x NUTAHARA x TEIN PRO SPEC DAMPER

装着タイヤメーカー

ヨコハマタイヤ

リ ザ ル ト

JN-4クラス 『3位』入賞 (参加台数全47台、内JN-4クラス5台)

総 合 タ イ ム

1時間03分20秒06
※SS11にてJN-4クラスベストタイムを記録


ドライバーコメント(山本悠太選手)
初日は雨、更に落ち葉や泥で滑りやすい路面、2日目は天候の回復によりほぼドライターマックとなった本大会。幅広い路面に対応する『TRDxNUTAHARA x TEIN PRO SPEC DAMPER』により、終始安定したタイムを刻むことができました。ドライ~ウェットまで性格の違う路面にもセッティング変更で適応し、ドライバーをアシストしてくれました。しかし、グラベルも共用のマルチダンパーゆえの改善余地もあり、ロングコーナーの続くステージではライバルに対し、課題も見えました。そこははっきりしているので今後のテストでさらに熟成を図ります。
■本件お問い合わせ先■  トヨタテクノクラフト(株) TRD事業部 スポーツ車両事業室  担当:梨木(なしき) ℡045-540-2197

7