れは勝つ為に生まれた。


モータースポーツ全盛の時代、

並み居るライバル達を退ける事を命題に、

それは闘いの最前線に送り込まれた。


激化する競争の中、

ライバル達は最先端の装備を武器に猛威を振るった。


劣勢とも思える中でも、

それはただひたすらに走った。


あらゆる策を講じて抗い続けた。

 
 
 
 
 
 




がて、

それは新しいメカニズムを手に入れた。


好景気の余熱が残る時代、

勝つ為に送り込まれた新たなそれは、

さながら容赦のない闘いに挑む怪物。


赤や緑、青や白… 様々な色が人々の興奮を掻き立てた。


勝利の為なら、

自らを壊す事すら厭わなかった。

 
 
 



り変わる時代の中で、

ライバル達は様変わりした。


ただ、それだけは、変わらなかった。


数えきれない美酒を味わった。

数えたくもない苦杯も嘗めた。


不合理な道すら歩んだ。

ただ勝つ為に、それが最善だと信じて。

 
 
 
 



つの時代も、

どんな時代も、

それはTRDと共にあった。

 
 
 





は流れ、それはヘリテージとなった。


闘いの第一線を退き、

過去の良き時代を語るアイコンとして。



 
 
 
 
 
 




思い掛けずスクリーンのスターにもなった。

象徴的な三角形のアウトレットダクトは、

人々の熱狂を受けたあの時と、

何一つ変わらなかった。

 
 
 
 
 
 




して今、

それが帰ってくる。


もうヘリテージではない。


この時代に、

最前線に、

 
 
 
 




達は、

ずっと、ずっと、

それの帰りを待っていた。