ブレーキフルード


■TRDブレーキフルードはグリコールエーテルを主成分とし、これにホウ酸を結合させる“エステル結合”を行うことにより他のモータースポーツ系ブレーキフルードの中でもトップレベルの性能であるドライ沸点277℃、ウェット沸点182℃という非常に高い沸点を得ています。
■この高沸点の実現により、ハードなブレーキングが繰り返し行われるサーキット走行などにおいてもベーパーロック現象を防止。
 ハードな走行時でも安定したペダルタッチとリニアで確実な制動力を確保しています。
■高性能ブレーキフルードにおいて犠牲にされがちな低温時(-40℃)の動粘度(“粘り気”の指標)を一般的なブレーキフルードと比べても低く設定しています。
 これにより、高温度時から低温度時まで変わらないブレーキフィーリングを実現しています。
 1年を通し、あらゆる条件下、環境下(寒冷地)でもご使用いただけます。
■ゴム材適合性、防食性、金属防食性などは純正品同様、JIS規格に適合しておりますので、公道でも安心してご使用いただけます。
■TRDブレーキラインやブレーキパッドと同時装着することによってワンランク上のブレーキシステムを実現します。

ドライ沸点 ウェット沸点 適合規格 容量 品番 本体価格(円) コード
277℃ 182℃ BF-5(JIS K2233) 1リットル A0430-A0000 2,800 A